今、そこにいる僕 9話「狭間にて」感想・ネタバレ 正しくて間違ってる

Now and Then, Here and There今、そこにいる僕

鈴林です。

けっこう観てきた気がする話数になってきたぞ。

ずっとOPに名前だけ出ていたシスがやっと出てきた。

次回のサブタイトルがもう不穏だし…。

次楽しみだけどなんか見るのが怖い。

この回は絵コンテ描いた人が3人もいる。3人で1つの話を作るってなんだか大変そう。

スポンサーリンク

今、そこにいる僕 9話「狭間にて」

俺はもう1人でも生きていける

タブールどうして村に帰らないなんて言うんだよー!!

あんなにヘリウッドで暮らしづらそうなのに、そんなにそこでの生活が良かったの!?

ナブカは「戦いが終われば村に帰れる」という望みを持っているように、タブールは「戦いが終われば、軍で1人でやっていける」という望みを持っているんだろうか。

教官がイライラしているのはシュウたちを逃がしたからじゃなくて、最後の戦いが近いからなのか…。

だからってあんな不意打ちみたいに部下を攻撃するのズルくない?

ヘリウッドが動くことに対してタブールの期待もハムドの期待も大きいけど、そんなに強いの…?

平和な村

もう名前忘れた。ハムドが次に襲うって言ってた「ザ」から始まるところ。

シュウたちが着いたことでいじめられたりされてなくてよかった。ちょっと心配だった。

ララ・ルゥが名乗るのを拒否したのは、「ララ・ルゥ」という名前はあの世界で既に有名になっているから、なんだろうか。

お腹も減ってつらいだろうに、女の人がぶたれているところに割って入って「やめろよ!」って言えるシュウは…偉いな…。

しかも相手は大人3人じゃん。シュウ1人で勝てないだろうに、それでも考えず立ち向かうなんて蛮勇でもあるだろうけど偉いよ。

シュウのそういうところにこの作品は救われている。

シス役の松本梨香さん、今よりも声が若く感じる。良いねこういうの。

シスの言う「暴力で訴えるのはダメだ!」ってのを自ら破ってて笑うw シスだって「わからない」って言うシュウを殴っているじゃないかw

これくらいしか…笑うところが無いんだけどね…w

シスはシュウとララ・ルゥ(偽名はラァラ)のように行くあてのない子供を引き取っているんだろうな。

ララ・ルゥからしたら「変な人」でも、あれはシュウの言う通り良い人だよね。

正しくて間違ってる

エランバって奴が言うようにハムドは許せない。

ヘリウッドが滅べば何か変わるかもしれない。でも変わらないかもしれない。

似たような人がまた生まれてしまうかも。

でも両親や友人が焼き殺されて、病弱の妹が連れ去られ…砂漠の途中に捨てられて死体は食い荒らされていたなんて…辛いだろうな。

エランバ役の人が「悲しい!」という芝居をせずに、事実のみを語るように話しているのがなんだか余計にリアルに感じるというか…「乗り越えた」って感じがした。

シュウはあんな話聞いたら「殺しちゃだめだ!」って言えないよね。

でも今平和に暮らせているのに戦いに行くのもおかしいと思ってしまう。

あのシュウが泣いているのがまた…悲しい。

そしてララ・ルゥがちゃんと「シュウ」って呼んでるの初めてじゃない?

 

実質無料でアニメと漫画どっちも楽しもう

アニメと原作どっちも楽しむならU-NEXTが便利で楽。

新規会員登録をした人は600ポイントもらえるからこの600ポイントを使って実質無料でドラマや映画やアニメや漫画を楽しむことができる!

そもそも、U-NEXTには31日間の無料期間がある。

辞めたくなったら30日目までに解約してしまえば、一切お金はかからない

解約してしまえば後から請求も来ないし迷惑メールがたくさん来たりすることも無い。

U-NEXTは同じスマホアプリから動画も漫画も観られるから色々入れなくていいから便利だし、何より無料期間がちゃんとあるのが嬉しい。

アニメも多めだと思う!

※でも時期によっては、もうそのアニメを配信してないかもしれません。記事を書いた時の情報なので、念のため確認してね!

→公式ページへ←

コメント

タイトルとURLをコピーしました