記事内に広告を含む場合があります。
PR

半妖の夜叉姫 41話「阿久留のかざぐるま」感想・ネタバレ 麒麟丸 VS 犬夜叉一家

スポンサーリンク
Half-Yousha Princess Yashahime II Chapter _ 半妖の夜叉姫

鈴林です。

クライマックス感出てきたけど、もうすぐ終わるんか?

個人的にはかごめ達でほのぼの会話する回とか欲しい。

弥勒出てきたけど、相変わらずで和んだ。

早くみんなと合流してくれ!

スポンサーリンク

半妖の夜叉姫 41話「阿久留のかざぐるま」

阿久留の力ですぐ回復!

Episode 41 Akuru

とわの魂が尽きた説明、公式HPに載ってるけどそれ…物語の中でちゃんと言えなかったんか?w

魂、つまりとわの心が死んでしまったという説明は邪見からあったけど、とわの魂も斬星剣に吸われたというのはなかったような気がするんだが…。

そしてとわがあっさり回復。

阿久留良い奴~。

これまで特に何もしてないのに阿久留に認められる、の意味がよくわからないんだがとにかく気に入られたってことなんだろうか。

阿久留かわいいけどよくわからないw

殺生丸さまは…?

令和の時代の妖霊星について、なんで時代樹が知ってるのかわからんがとにかく危ないのはわかった。

とわ達が行かなきゃいけないのは、とわが令和の時代にゆかりがあるから…かな?

「夜叉姫たちに全てがかかっている」とか急に言い出しちゃって、突然な展開。

Episode 41 This is good, right?

りんが母として立派に子供を送り出していたけど

「殺生丸さまと一緒に抱きしめさせてください」

というお願いは…殺生丸様聞いてくれるんでしょうか…!

りんちゃんのお願いだったら聞いてくれるのか…?

あの殺生丸が子供を抱きしめる??? 抱きしめ???????

というか殺生丸さま生きてます????

魄を吸い取った後元気に動き出さないから心配なんだけど、殺生丸さま一向に喋らないし。

目は黒いままだし。

生きてるんだよね!?!?

麒麟丸 VS 犬夜叉一家

Episode 41 Battle

「みんな! 覚えてるか!? これが犬夜叉様の必殺技だぜ!!」

ってくらいにほぼ全部やってくれた~~~~~!

「風の傷」とか久々に聞いたわ~~~~~懐かしい~~~~!

かごめの「当たって!」も久々に聞いたーーーー!

当たってと願いつつも、ほぼ確実に当たるかごめの矢。

もろはに手作りの弓も渡して、親子でお揃い? の弓使ってるかわいい~~~。

犬夜叉とかごめが初めて出会った骨食いの井戸の話してるときに、犬夜叉がめちゃくちゃ照れてるのかわいい。

誰か桔梗の話も…してくれ…w

犬夜叉一家と麒麟丸の戦い、戦いがどうこうよりも犬夜叉たちが連携しているのがとてもよかった。

ありがたい。

Episode 41 Power Up

もろはの破魔の矢の威力が上がったのは、新しい弓の力もプラスされてるからかな。

犬夜叉の「俺の娘に指一本触れさせないぜ」ってのはかっこよかった…!!

あああーー! 娘! そうですよね!!

もっと家族でほのぼのいちゃいちゃして欲しかったーー。

ハブにされる麒麟丸

Episode 41 - Miss Lyon!

娘からも分身からも会話させてもらえなくて麒麟丸かわいそ。

りおんにとって麒麟丸は「自分をいつまでたってもあの世に行かせてくれない人」なんだろうけども…お礼言っても…良いのでは…。

令和に行くとき、りおんのことも連れて行きたいのか。

麒麟丸は妖霊星を壊すところをりおんに見てもらいたいんだな。

麒麟丸が令和の時代に行っても世界が滅びないようにはできないの?

希林先生の悩み

Episode 41 Dr. Kirin

希林先生は良い人なんだけども、麒麟丸が令和に来ちゃったら消えちゃうんだろうか。

希林先生好きなんだけどなー。

妖霊星からこぼれる妖怪を人知れず退治してくれるのはありがたいけど、希林先生ももどかしいだろうに。

とわの学校の成績ってどうなってるんだろう。

それも希林先生にかかっている気がする…!!!

画像引用元:http://hanyo-yashahime.com/episode/41/

まとめてHuluで観よう!

このアニメは全部まとめてHuluで見られます!

海外ドラマに強い、ってのは結構有名だけどアニメも最近は充実してるのでアニオタでもオススメです!日テレ系に強いので、るーみっく作品やコナンだったりサンデー系が好きな人にも強い!

※これを書いた時点での情報なので、見た時点では既に配信されていない可能性もあります。

本当に見られるのか、登録前に要チェックです。

Hulu申し込みはここから

コメント

タイトルとURLをコピーしました