ブラッククローバー 137話「チャーミー百年の食欲とゴードン千年の孤独」感想・ネタバレ 2人の修行

ブラッククローバー メインビジュアル VS悪魔_Rブラッククローバー

鈴林です。今回はサブタイトルからわかるように、チャーミーとゴードンの話。

百年と千年ってのは語呂がいいからつけたのかな?

ところで、吉原監督がこんなことをツイートしていた。レオポルドに使わせてしまった魔法って…魔法陣みたいなのが複数浮かんですごい炎の魔法が出たやつだよね?

そして前回ノエルが「使ってしまった魔法」ってのは、溺れそうになりながらも周りの自然のマナを取り込んでフィンラル達1人1人に水の膜を作ってあげたやつかな…?

吉原監督のツイッターを見てると、その後

 

ともツイートされててよかった。

漫画で描かれていない部分を原作者の監修で作るとはいえこういうこともあるんだね。先を知っているからこそなのか…何なのか。

別な人間だから仕方ないとも言えるけど。

でもプロデューサー経由であってもその後フォローもらえたようでよかった。

是非ツイッター上でも観て欲しいんだけど、吉原監督のツイートに対して海外のファンも日本のファンもみんな超温かいコメントしてるんだよね。

英語がわからなくても監督を応援しているってわかるツイートばっかりだった。

これからも無理せず身体を大事にして製作して欲しい。

スポンサーリンク

ブラッククローバー 137話「チャーミー百年の食欲とゴードン千年の孤独」

料理人が大事にしていること

チャーミーの料理を食べたら魔力が増強されて軽く暴走状態になるってすごくない!? それはすごすぎる魔法なのでは!?

効き目は一時的だろうけど、ドーピング効果はばっちりだよね。自分で扱えないくらいの力になるのは問題だけど。

137話 チャーミーの修行_Rブラッククローバー公式ツイッターより

チャーミーが料理の腕を鍛えるために、街のあの料理人に弟子入りするという展開になるとは。料理するうえで筋トレ必要なのはわかるけど、アスタと同じようなことしてるなーと思ってしまったw

すごい材料で料理作ったら化け物になっちゃって、しかも魔力を吸収するモンスターになってしまって…

その料理を男連中で食べまくって解決するというある意味ものすごい話だった。酒飲んで考えたのかな?w

結局チャーミーの修行は続く…!

 

アスタだけは、チャーミーの料理に対して敬意払ってるのが良いわ。例えモンスターになって暴れても、チャーミーが作った料理に変わりは無い、と言って食べようとしてくれる姿勢かっこいい。

お前モテるわ。

僕は孤独だ

137話 修行の旅へ_Rブラッククローバー公式ツイッターより

ゴードンの話は、結局何も解決していないような気がするんだが…気のせいだろうか?w

アスタと一緒に修行しようとしたらすぐに負けてしまってショックを受けるのはわかる。「自分はもっとできると思ってた」という衝撃はデカいよな。

それで1人で森に修行に行くのは偉い。強魔地帯には行けないまでも、森に行くところに気概を感じる。

入って早々に猿に食糧を取られるのは残念だったとしか言えない…。ゴードンにはサバイバルスキルなさそうだし辛かったろうに。

毒魔法で仕留めた動物は食べられるんだろうか…?

ラストは意外な終わり方だった。あのオオカミみたいな魔獣と仲良くなって終わるとは意外。

確かに出てきただけで命狙われるなんてオオカミ魔獣からしたら迷惑な話だよね。ナウシカのような終わり方した。

 

ゴードンは「みんな心配で迎えに来てくれるかも」って言ってたけど、やはり違った…!

こういうの見てられないタイプだから辛かった…! ゴードン…強く生きような…。

過去のブラッククローバーの記事は↓ココ↓からどうぞ

ブラッククローバーを観るならコレ!

ブラッククローバーは「僕のヒーローアカデミア」とかみたく、見逃し配信はやってないしボルトみたいに再放送もやってない…。

でも!dTVで観られます!意外と…でもないですがアニメも多く観られておそ松さんもdTVで見放題になってます。

月額は500円(税抜)で少女マンガのなかよしと同じw無料期間も31日間あるので、使ってみて向いてないなと思ったら31日以内に解約すればお金もかかりません(゚∀゚)

入ってみて、何か違ったな…って思ったなら登録してから31日以内なら解約しても料金はかからない!30日目までにはどうするか決定するのがオススメです。

仮に過ぎてしまっても、1日辺り17円くらいの金額なのでレンタルショップ行くより断然お得です!気になる他のドラマやアニメを観てから解約しただけでも充分元が取れます!

まずはまずは31日間の無料お試しから!

dTV申し込みはここから

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました