記事内に広告を含む場合があります。
PR

半妖の夜叉姫 36話「永遠にない場所」感想・ネタバレ 是露の最高の嫌がらせ

スポンサーリンク
Half-Yousha Princess Yashahime II Chapter _ 半妖の夜叉姫

鈴林です。

私がとわのことを好きじゃないせいか

「別にもう解決してるんだし、良くないか…?」と思うシーンが多かった。

どうして…!

スポンサーリンク

半妖の夜叉姫 36話「永遠にない場所」

りんのためなら何でも

Episode 36: Sesshomaru-sama!

殺生丸さま!!!

殺生丸さまがりんの望みを叶えるために我が子を助けに、そして呼びに行ってくれるなんて…

素直!!!!! めちゃくちゃ素直!!!

邪見の言う通り「死の間際のりんのために」というのもあるとは思うけど…

殺生丸さまはりんが死なないように精一杯やっているんだと思う。

だからこそせつなの元に行ったし、襲われている琥珀とその他の退治屋たちを守ってくれたんじゃないだろうか。

あの殺生丸さまが自分の娘を助けるために突然現れてくれるなんて…!!

琥珀はかつて殺生丸と一緒に旅してたこともあるせいか、殺生丸が突然現れても

「殺生丸様! ご無沙汰しております」という丁寧な挨拶のみで驚きを表現していた。

「せつなを助けにいらっしゃったのですね」とか余計なことは言わない。

さすが琥珀。琥珀はいつまでも殺生丸を尊敬していてくれ。

落とされた邪見さまかわいそうw

是露も助けてあげて

Episode 36: Help Towa

りんはずっと眠っていたのに、せつなの夢も見ていたしせつなの弾くバイオリンも聞いていたのか。

というか縁を切っても呪いが解けないとはいえ…切っても良いのでは?

それとも今りんと是露の縁が繋がっているからこそ、是露の無念が解消されれば銀鱗の呪いも解ける……とかなんだろうか?

よくわからん。

りんがどうしてそれを知っているのかもわからん。

せつなは夢の胡蝶で繋がっていたせいなのか、りんのことを大事にしているところがあるけど…とわは自分の母親に対してほぼ興味ないよね。

ところで雲母に乗ってとわのところに向かう時、せつなが雲母に「この糸の向こうにとわがいる!」って言ってたけど、雲母に糸は見えないでしょ。

方向教えてやれ。

是露の最高の嫌がらせ

是露は敵に回すと超めんどくさい奴だな。

簡単に殺すことはできるけど、それだと自分の気が晴れないから最高の嫌がらせをしようってか。

過去の悲しいことを見せるのって…効果あるの?

だって今はもうせつなと一緒にいられるし、せつなの記憶が無いのは夢の胡蝶のせいだってわかったじゃん。

Episode 36: Super-friendly family

そりゃ…せつながとわを覚えてなかったのは悲しいけども、だからってそういうのは解決した今あれを見せられて…悲しいものなのか?

それとも「過去を見せられて悲しくなる」のも含めて術なんだろうか。

現代でとわも大変だったんだなぁ。

草太たちが超優しかったとはいえ、他と違うことで悩むことも多かっただろう。

是露はあの悲しみを見せて怒りに我を忘れさせるところまでも作戦だったのかな?

妖力を取り戻していない是露を、とわは殺せる。

とわが是露を殺せば、縁で繋がっているりんも死ぬことになる。

とわは是露を殺したと思ったら実の母親も殺したことになり、またそれで悲しむことになる…というのを狙ってたんだよね?

よく考えてる!!! 良い作戦!w

Episode 36 is no good!

理玖が割って入ってくれたけど、それでもとわにとっては自分の心を勝手に覗かれたことの怒りが収まらないんだろうな。

今は「母親」よりも、目の前の憎むべき相手。

虹色真珠を取り込む時、と言っていたけど…どこまでが作戦だったんだろう?

画像引用元:http://hanyo-yashahime.com/episode/36/

まとめてHuluで観よう!

このアニメは全部まとめてHuluで見られます!

Huluは無料期間が2週間

海外ドラマに強い、ってのは結構有名だけどアニメも最近は充実してるのでアニオタでもオススメです!日テレ系に強いので、るーみっく作品やコナンだったりサンデー系が好きな人にも強い!

入ってみて、何か違ったな…って思ったなら登録してから14日以内なら解約しても料金はかからない!13日目までにはどうするか決定するのがオススメです。

※これを書いた時点での情報なので、見た時点では既に配信されていない可能性もあります。

本当に見られるのか、登録前に要チェックです。

日割りにすると、1日当たり33円くらい!

Hulu申し込みはここから

コメント

タイトルとURLをコピーしました