記事内に広告を含む場合があります。
PR

BORUTO ボルト 292話「渇望」感想・ネタバレ 今こそ約束を果たす時

スポンサーリンク
Bolt Main visual shell 202302 ボルト

鈴林です。

え…ちょっとやば…今回色々すごいじゃん。

まさかここまでするとは。作画超きれいですごい!

スポンサーリンク

BORUTO ボルト 292話「渇望」

すごい兄弟の誕生だ

義理の兄弟とはいえすごい兄弟が誕生してしまったよ。

ナルトとサスケは義兄弟ではないけれども、前世? では大筒木の兄弟だった。

もう「生まれ変わり」とかじゃなく、ボルトとカワキがそれぞれ「大筒木」になってしまってるよ。

すごい兄弟だ。

ナルトが九喇嘛と一緒だったとしても、なんかもうちょっと霞むくらいのものになってしまった感あるわ。

Episode 292 The Meaning of Embracing Power

カワキにとってカーマの力は忌避すべきものだし、嫌な記憶と結びついてるものだけどそれを受け入れてでもナルトを守りたかったということなんだよな。

Episode 292 - I Didn't Want to Kill My Father

あの超大玉螺旋丸をナルトは受け止めるつもりだったけど、きっと直撃していたらナルトは消えてしまっていた…んだろうなぁ。

カワキがカーマを受け入れる気持ちになったから? カーマは戻ってきたんだろうか。

アマドの予測よ…。

イッシキが使えた技をほぼ全部使えるってもうすごいんよ。

なのに意識はカワキのままだし。

大筒木すげぇ。

コードの存在が空気に

Episode 292 - I'm in the air.

コードがシカマルを捕らえてナルトに「動くな」って言っているから、カワキとボルトが戦うことになったわけだけど…

もう途中からコード空気!!

シカマルを捕まえててもナルトはボルト助けるために動いたりするし、それを見てもコードは特に何も言わないし。

コードの存在が希薄になりすぎてちょっとウケた。

今こそ約束を果たす時

同じカーマを持つ者同士だからこそ、そしてナルトを大事にする者同士だからこそ「殺してくれ」なんてことがお願いできるんだろうな。

ミツキもサラダもシカダイだってきっと殺してはくれないだろう。

ナルトはもう絶対できないだろうし。

でもボルトだって父親殺されるところなんて見たくないだろうし。

カワキが約束を果たすにあたって「覚えているか」の確認の後、

躊躇なくやってのけたの意外だったし優しいと思ったわ。

傷口も小さいところに優しさを感じる。

2部に続くし、本当にボルトが死んでいるとも思えないけれども……いやきっと死んでないとは思うんだけれども…でもナルトからしたら超つらいだろうな。

すごいことになってしまったよ。

サブタイトルの「渇望」って、カワキが力を求めることへの「渇望」かと思ったけど

ナルトがボルトに生きていて欲しいという「渇望」とかも入っているのかしら。

画像引用元:テレビ東京宣伝部 アニメ室【公式】ツイッター、ボルト公式ツイッターより

ボルト 293話の感想

ボルト 291話の感想

 

過去のボルトについての感想は↓からどうぞ。

ボルトを見逃してしまったり、まとめて観たい時はコレ!

見逃してしまったときは、各テレビ局でリピート放送があります!

再放送の放送日一覧 ※テレビ欄も見てね!

  • テレビ東京系:土曜の朝7時~(2021年7月4日からは、日曜朝7時になるよ!)
  • BSテレ東:火曜の深夜0時30分~
  • 岐阜放送:月曜の夕方6時25分~
  • びわ湖放送:日曜の深夜1時30分~
  • 三重テレビ:月曜の夕方5時~
  • 奈良テレビ放送:月曜の深夜2時30分~
  • テレビ和歌山:土曜の朝8時30分~

※放送日が日曜になったけど、再放送の日は変わらないみたい。よかった!!

 

再放送よりももっと前が観たい・途中の話を見逃しているのなら、プラスでU-NEXTがオススメです!

新規会員登録をした人は600ポイントもらえるからこの600ポイントを使って実質無料でドラマや映画やアニメや漫画を楽しむことができる!

そもそも、U-NEXTには31日間の無料期間がある。

辞めたくなったら30日目までに解約してしまえば、一切お金はかからない

解約してしまえば後から請求も来ないし迷惑メールがたくさん来たりすることも無い。

U-NEXTは同じスマホアプリから動画も漫画も観られるから色々入れなくていいから便利だし、何より無料期間がちゃんとあるのが嬉しい。

アニメも多めだと思う! ボルトの漫画もポイントで読めるからオススメ。

※でも時期によっては、もうそのアニメを配信してないかもしれないし、そもそもアニメ原作だったら漫画は無いかもしれない。記事を書いた時の情報なので、念のため確認してね!

→公式ページへ←

ボルト
鈴林をフォローする
プロフィール
記事書いてる人
鈴林

「2次元なんやかんや」ってのでまとめて書いてたんですが、
記事数が1000を越えたんでアニメのブログをこっちで作ることにしましたわん。

鈴林をフォローする
アニメの世界に行きたい りんりんの感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました