からくりサーカス 27話「転送(ダウンロード)」感想・ネタバレ 自分の代わりに『自分』に恋愛してもらう

からくりサーカス キービジュアル_R からくりサーカス

鈴林です。忙しくてリアルタイムでも観られなかったけどやっとこさからくりサーカス見られた。GW中は放送するんだろうか…?

27話 リメンバーリョーコ_Rからくりサーカス公式ツイッターより

なんかなぁ…アルレッキーノとブリゲッラの戦いとかを見ているとリョーコを思い出すよ。リーゼじゃなかったのに…とか色々考えてしまう。

からくりサーカスという長編漫画をアニメにしようと思った時、カットしないと作業量が膨大すぎるし中だるみしたときに採算取れないし借金とか半端なくなって大変なんだろうな。

カットをしても36話ということはそれだけ他のアニメよりも大変ということだし。からくりサーカスを作っている人達もとても大変だと思う。無理しないで頑張って欲しい。放送だって待つよ…!

スポンサーリンク

からくりサーカス 27話「転送(ダウンロード)」

さよならあのシーンこのシーン

まだ無くなると決まったわけじゃないけども、この進み具合だときっとあのシーン無くなっちゃうのかな…とかそんなことばかり考えて観てしまっていた。

なんか…このカットの仕方だと面白くない。バックグラウンドの描き方が足りなくてなーーーーんか陳腐に思えてしまう。からくりサーカスのマンガ読んだことあるから、本当は何があったかわかるし、色々とわかるけども…アニメだけでもそりゃ楽しめるだろうけど、もっと深く知っているからこそもっと描いて欲しいという欲が出る。

もうロケットあるし…ど、どうするんだろう。仲町サーカスのみんなもオートマータと戦うシーン…カットだろうか。

団長の奥さんに顔がとても似ているオートマータとの戦いとか、ヒロとノリの過去話とかもカットなんだろうか。ヴィルマを出したということは…ヴィルマの戦いは……きっとあるんだろうけども。

ギイのラストバトルだってあるし。

電車での鳴海としろがねのこともある。

これまでの話でファンを裏切らない気持ちはわかっているし、面白くしようとしているのもわかっているけど、好きなシーンが減ってしまうのはどうにも悲しい。でも応援はしている。難しいファンの心w

勝の心の部屋

漫画でもあったあの演出あってよかったーーーーー! あれ好きなんだよーーー! そしてあの後の説明のシーンも好きなの。次回はこれは面白いっすわ。

漫画読んだことない人からすると、あたしの感想はほぼ全てネタバレになるけどすまん。タイトルにもネタバレって入れてるんでそこは勘弁いただきたい。

自分ともう一人の自分

27話 下卑た笑い_Rからくりサーカス公式ツイッターより

ナルトのように影分身でもなく、自分の頭の中身をダウンロードさせてもう1人自分を作るってなぁ……。それで新しい自分=勝にエレオノールと恋愛させようとするなんて…。

本当にジンはそれでいいんだろうか? 頭の中身を移し替えて、それは本当に自分なんだろうか?

27話 ぼくなのか?_R27話 つい避けてしまったからくりサーカス公式ツイッターより

新しい自分=勝の考えていることはフェイスレス=ジンにはわからない。結局は他人。自分ではない。自分と同じ考えをしている人間、であって自分ではない。

「うみねこのなく頃に」で、食事と恋愛は誰かに代わってもらっても意味のないこと…って言われていたのを思い出してしまった。

ダウンロードした「自分」であっても、自分の代わりにエレオノールと恋愛させるなんてジンはそれでいいんだろうか。

そもそもエレオノールもフランシーヌではないし。

代わり代わり、と言って本質を見つめていないところがジンの特異なところを表現しているのかな…。

からくりサーカスはAmazonプライムで独占配信!

からくりサーカスは、Amazonプライムで独占配信!

本放送は、↓の時間。

からくりサーカス 本放送

  • 東京MX:木曜22:30~
  • BS11:木曜24:00~
  • HTB北海道テレビ;月曜25:55~

テレビで見逃したり録画を失敗したら、Amazonプライムだけでしか見られません…。

Amazonプライムはアニメとかドラマもたくさん観られるけど実質月額料金は325円…という何とも強気、というか感謝しかない価格設定になってる。

Amazonでいくつか注文するなら、とっととAmazonプライム入った方が得だから超絶おすすめ。お急ぎ便も無料になるし、Amazonミュージックも利用できるようになるし夢が広がり続ける。

Amazonプライムには1か月間の無料お試し期間もあるので、入ってみてイマイチだったら解約すればOK!

Amazonプライム公式ページへ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました