ドラゴンクエスト ダイの大冒険 58話「意外な救世主」感想・ネタバレ 勇者の戦意喪失

スポンサーリンク
ダイの大冒険 新メインビジュアル_Rドラゴンクエスト ダイの大冒険

鈴林です。

こんなに絶望的な終わりをするジャンプアニメ珍しい気がしてしまう。

これがだいぶ前の漫画作品なんだから…すごいぜ。

魔王が勝つ流れをドラクエ系アニメで観られるのがなんだか感動。

スポンサーリンク

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 58話「意外な救世主」

勇者の戦意喪失

Episode 58: Don't lose

ダイの剣が折れてしまったことでダイは気持ちも折られたのかな。

ダイの剣にそこまで思いをかけていた…というか「これでダメならどうすればいいんだ」という絶望感というか…呆けてしまっている感じが悲しい。

そしてそんなダイを見て一番最初にポップが「立ってくれ!!!」って声をかけるのがグッと来た。

ヒュンケルでもマァムでもクロコダインでもなく、一番怯えて怖がっていたポップが一番最初に勇者を元気づけようとするのがなんかすごく良い。

でもそんなポップの声も耳に入らないくらいにダイはショックを受けていたんだな。

ヒュンケルとクロコダインはダイを庇って死ぬ、という名誉…というかそういう「誇り」的なものが欲しいから前に出たんだろうな。

ダイもそのおかげで意識がはっきりしたけども、だからと言ってすぐに体が動くわけでもないしね。

Episode 58: Strong power

カラミティウォールに触れたら消されてしまうかと思いきや、吹き飛ばされただけで想像してたよりも影響少なかった。

でも…それでもダメージはデカそうだな。

ポップが最後にマァムと手を繋ぎたい、と求めるの…良いね。

マァムもそれに答えるのがなんかもうすごく…すごく良いんよ。

オレをなめるな

ハドラー様ーーーーー!!!

これまでずっと戦ってきたハドラーがポップやマァム、ダイ達を助けてくれるなんて全く想像もしてなかっただろうな。

というか黒のコアの爆発を受けてハドラーがあそこまで回復して生きているのもすごい。

バランが爆発を抑えたのはあくまでダイがいる方向だけだっただろうし、ハドラーは自力であそこまで回復したってことだよね。

Episode 58: Now is the time!

バーンが言うにはバーンの暗黒闘気無しであそこまで回復したってことらしいし。

いつの間にお前…!!!

バーンの魔力は無尽蔵かと思ったけど、さすがに長い時間戦ってると枯渇してくるものなんだな。

そこを狙ってハドラーは戦ってたのにザボエラーーーーー!!!

お前の存在覚えてた視聴者がどれだけいると思ってるんだ!! 

私は忘れてました!!!!

ハドラー親衛騎団も始めは「どうしてバーン様とハドラー様が!?」って困惑してたのに、ハドラーの意志を聞いてすぐに覚悟を決めるのかっこよかった。

そして…そしてブロック!!!

原作読んだけど最近読み返してないからまた新たな気持ちで観ていて、ブロックどうしたのかと思っちゃった。

チェスのキャスリングという特殊ルールがあそこで突然使われるとは。

ブロックはハドラーをどうしても守りたかったからこそ、あの中でキャスリングを使ったんだろう。

大魔王のくせに「チェスのルールでは反則だ!」って言うのはなんか…ちょっと面白い気もする。

急に真面目。

ブロックがハドラーを助けて、初めてで最期の言葉が「ハドラー様を頼んだ」というのが悲しい。

泣いた。

ダイの剣と魔装がロンベルクの元に戻った時、剣折れてたのに戻ってたよね…?

そして魔装が無いってことは、ヒュンケルは…全裸…!?

あのいつものTシャツもうボロボロじゃない!?

画像引用元:https://www.toei-anim.co.jp/tv/dq-dai/episode/summary/58/

アニメを観るならコレ!

アニメを見逃したりしたとき、アニメを見たい時はdアニメストアで観るのがオススメです!

dアニメストアは、何といっても月額が440円(税込)ってところが強い。最強。 新しく始まったばかりのアニメも見放題だし、昔のアニメも観られるからパロディ作品にだって対応可能!!

アニメが好きなんだったら加入していて全く損は無いはず。無料期間は31日間!!

入ってみて、何か違ったな…って思ったなら登録してから31日以内なら解約しても料金はかからない!30日目までにはどうするか決定するのがオススメです。

※このアニメが観られるってのは、記事を書いた時の情報だから時間が経ったら変わってるかも。登録前に観たい作品がまだ配信されてるか一応確認してね。

日割りだと1日たった13円くらい!

dアニメストア申し込みはここから

コメント

タイトルとURLをコピーしました