BORUTO ボルト 62話「大筒木、襲来!!」感想・ネタバレ 初めて見るナルトの力と本当の力の意味

ボルト_リニューアル_Rボルト

鈴林です。ボルトめちゃくちゃ良いところで終わってるじゃん! なのに来週は休みなの!? 何やってんだよ…!! テレビ東京何やってるんだよ!! 放送してくれよ!

こんなに良いところで終わるアニメ最近なかなか無いよ…。しかもゴールデンタイムの放送でこれかよ…もう…本当にありがとうございますですよ。ボルト面白いわぁ…。ナルトもサスケも出てくるし、ちょっとだけどシカマルも出てきてくれたので嬉しいです。

スポンサーリンク

BORUTO ボルト 62話「大筒木、襲来!!」

大筒木一族襲来

ナルトの後半くらいはもう詳しく無いんだけど、そんな私でもわかるように神樹についても、もう一度説明してくれてありがたかった。ナルトとサスケが、大筒木カグヤを倒した2人。その2人がまたそろって大筒木一族と戦うなんて…なんとも熱い展開だよ。

62話 モモシキ_Rボルト公式ツイッターより

モモシキ強すぎじゃないですか。さすがの親玉だけど、浪川大輔さんの悪役芝居がとても伸び伸びしていて「楽しいのかな」と感じてしまう←

モモシキはチャクラを吸い取ってその技を相手に返すことができる。ボルトが繰り出した技をことごとく吸収してみせるのはその役割もあるけど…ボルトに恐怖心を与えるという意味もあるよね。

強いという、七代目火影と言われている父親のナルトを目の前でふっ飛ばして、ゆっくりと歩いていく見知らぬ敵モモシキ。ボルトも忍者だから、戦って少しでも足止めしようと思ったんだよね。チャクラが切れているから科学忍具で応戦して。

でもその科学忍具も効かない。今までの試合で頼って来た科学忍具が、ここで使えない。どの術を出しても全部吸収されて、もう少しで殺されそうになってしまう。ナルトに不正をとがめられて、そしてまたここでボルトは心を折られる。

この中忍試験の日…ボルトにとって辛すぎるでしょ。

本当の力

道具に頼って、薬に頼って強くなってもそれは本当の力じゃない。ドーピングして強くなったと一緒。

ナルトはモモシキとキンシキに言っていたけど、後ろにいるボルトは自分に言っているように聞こえたんだろうな。

「これを口にすれば、すぐに強くなれる」

それはとても甘い言葉。ボルトは科学忍具でそれを体験した。自分の術じゃないけれど、自分のチャクラじゃないけれど、簡単に使えて簡単に強くなれるものが、科学忍具だった。

62話 ボルトを守るナルト_Rボルト公式ツイッターより

目の前の敵、モモシキも似たようなことを言う。むしろ、以前のボルトを…すご~~~く強烈にしたらモモシキになる…のかもしれない。「強くなれればなんでもいい」「道具に頼ろうが関係ない」という思想。

我愛羅と長十郎の2人と戦っていたウラシキも、2人が「いつも使っている武器・術を使えない」だけで、もう勝った気になっていた。道具があって始めて輝く…と言う思想なのかもしれない。

基礎よりも応用を重視する…というか。基礎を軽視しているとも言える。何事も基礎はめんどくさくて、何回もやるのは嫌だけど、それがあるからこそ応用も生きてくる。

しかし科学忍具はそれを無視して強くなれる。神樹の実も同じこと。だいぶスケールは違うけど、ナルトがモモシキに言っている言葉は、モモシキと言い合っている言葉は…ボルトにグサグサ刺さったと思う。

ウラシキとの戦い

ミツキは本当にボルトが好きだな。ボルトを太陽と呼ぶだけはある。仙人モードを使って、木の葉の里にいられなくなることも厭わずに使おうとするなんてさすがの愛の深さだ。

62話 ウラシキ_Rボルト公式ツイッターより

ウラシキの攻撃を感知できなかったのは、さすがのミツキも大筒木に勝てないってことなのかな。あの取られたチャクラの塊は…戻るんだろうか。あれ、取られたままでもう仙人モードなれません、だったら悲しいなぁ…。

そして映画には無かった、我愛羅・長十郎とウラシキとの戦い。2人とも影になったとはいえ、この2人がタッグを組むなんて…ちょ…ちょっと想像できない。

62話 ウラシキVS我愛羅と長十郎_R

http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/boruto/episodes/

というか我愛羅が、カンクロウやテマリ、ナルト以外と話しているところがそもそも想像できない。長十郎と…会話…できるんだね…。一緒に戦えるくらいなんだね…!

ウラシキ達は白眼を使えるからめんどくさいよなぁ~~。見えてもどうしようもない攻撃をする、とは言っても簡単にはできないじゃ~ん…。さすがは影のお二人ですよ。

でも輪廻眼でさらっと逃げられてしまうし。輪廻眼、便利すぎ。武舞台がピンチなのを見てすぐに戻ってくれる2人が優しい。

父上の言うことは絶対

シンキもちょっと出番があったね! モモシキ達という見知らぬ敵がいて加勢に向かおうとしたけど…我愛羅に泊められてしまう。

あれがナルトやボルトだったら、そんなの無視していくんだけど我愛羅の言うことをちゃんと聞くところがシンキだよね。まぁ…我愛羅の言う通り、敵わないと思うよ…。シンキが行っても、最悪殺されてしまうからね。

でもシンキはこのことをずっと引きずってしまいそうな気もする。

避難のために手を貸す忍び

細々としてて申し訳ないけど、みんなが活躍してて嬉しかった。

サクラ・テマリ・いの、の3人が連携してお客さんを救助してるのとかかっこいい! さっすが!いのじんも、鳥獣戯画でお客さんを運ぶのを手伝ってるし。あの術便利だよね。

我愛羅も砂で助けてくれるし、カカシ先生も昔と変わらない動きでみんなを助けてくれる。雷影のダルイは救助向きの術じゃないから瓦礫をどかしたりしてたね。地味に良いよこーいうの。

そして…そしてシカマルだーーー!! やったーー! 正直出番があるとは思ってなかったーーー!!

影縛りの術ひっさびさに見た! ありがとう! すぐに吸収されてしまったけど、あの術のおかげで、うちはファミリーとうずまきファミリーは合流できたよ。

父の背中

モモシキに尾獣玉みたいなのを向けられて、ナルトが九喇嘛と一緒に止めるのは映画で見て知ってた。しかしこの演出…そして作画。気合めっちゃ入ってるやん。

62話 なまってんじゃねぇだろうなぁ!_Rボルト公式ツイッターより

仙人モードになりつつ九喇嘛のチャクラも使って、そしてサスケのチャクラも一緒に使ってモモシキの術に耐える。さすがナルト…強い。

尾獣玉を止める時、大きな九尾を具現化させて尾獣玉を抑えてた。

62話 ナルトにかかればあんなの!_Rボルト公式ツイッターより

「どうして攻撃しないんだってばさ!?」と言うボルトに対して、「こんなものすぐにどうとでもできる!」と言うサスケがかわいい。サスケにとっても、ナルトはライバルだもんね。ナルトを軽視されるということは、自分も軽視されるということと…同義だもんね。

サスケがナルトを庇う、というか擁護するのを観るのは新鮮。それがこんな瀬戸際でもw

ボルトは、ナルトの仙人モードや九喇嘛モードを見るのも初めてだったんだなぁ。まぁ…火影の任務してたらこんな姿にならなくて良いしね…。

九つの尾が、会場を守るように重なった時に会場の周りの人が

「もう良いんです七代目!お逃げください!」

ってナルトの心配をしてくれるのが嬉しい。子供のころはみんなナルトのこと嫌ってたのに、こんなに好かれるようになって…本当によかったね…!

ラスト、爆発する直前のナルトの笑顔がまた悲しい。次回まで1週間開くのかよ…。ここまで観てない人は、なんとかして絶対観るしかないよ! 面白いよ!?

ボルトを見逃してしまったり、まとめて観たい時はコレ!

見逃してしまったときは、テレビ東京で朝7:00からリピート放送があります!

再放送よりももっと前が観たい・間の話を見逃しているのなら、プラスでHuluがオススメです!

Huluは無料期間が2週間

そしてどれだけ観ても、見放題!!

月額933円(税抜)以外はかかることのないサービス!!\(^o^)/ 海外ドラマに強い、ってのは結構有名だけどアニメも最近は充実してるのでアニオタでもオススメです!

入ってみて、何か違ったな…って思ったなら登録してから14日以内なら解約しても料金はかからない!13日目までにはどうするか決定するのがオススメ。

仮に過ぎてしまっても、1日辺り32円くらいの金額なのでレンタルショップ行くより断然お得です!気になる他のドラマやアニメを観てから解約しただけでも充分元が取れます!

ボルト
スポンサーリンク
鈴林をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アニメの世界に行きたい りんりんの感想

コメント