ブラックラグーン Roberta’s Blood Trail 28話「Oversaturation Kill Box」感想・ネタバレ あなた達が壊してめちゃくちゃにしたもの

Black Lagoon 3rd termブラックラグーン

鈴林です。

マジでEDが好きすぎるんだが。

勇敢なようでもあり、少し悲しい雰囲気もする感じがたまらない。

CDってもう無いのかなぁ…。この曲だけでもインストールしたい…!

次回で最終回か。どう終わるんだこれ。というかピーーー音入って笑ったわw

サブタイトルは「過飽和キルボックス」。

これは…ロアナプラのことを指しているのかな…?

スポンサーリンク

ブラックラグーン Roberta’s Blood Trail 28話「Oversaturation Kill Box」

あなた達が壊してめちゃくちゃにしたもの

ガルシア君が生きていて本当に良かったけど、助けたのがアメリカ軍なのがな…。

ロベルタの目の前からガルシア君が消えたことで、ロベルタの中では「幻だった」ということで確定するだろうし。

子供が殺されそうになっていたことで助けてくれたというのは、彼らが良い人たちだからだよね。

あとで「作戦の邪魔になるものを拾うな」と怒られそうだと思ったけど、それでも子供を助けたということは良い人達なんだと思う。

キャクストンが部下を叱らなかったこともまた良い人さが伝わった。


でもガルシア君は嬉しくもあり悲しくもあるだろうな。

彼らがいなければディエゴさんは死ぬことはなかった。

彼らがあの作戦を実行しなければ、ロベルタは今みたいに壊れる必要なんて無かった。

ファビオラに会った時のロベルタが壊れすぎていてちょっと泣けたもの。

それだけロベルタにとって、ディエゴさんを失ったことは…かつて自分がしていたことをやり返されたのはつらいことだったのだと思う。


ガルシア君が復讐しようとした時に、キャクストンは甘んじてそれを受けようとしたのもまたかっこいい。

自分たちが正義の使徒だなんて思っていない。人殺しの集団だと理解している。

ガルシア君の父親を殺したことの償いをしようとする姿勢は立派だった。

まわりで部下がガルシア君に銃を向けていなくても、それでもきっとガルシア君は撃てなかったと思う。

ガルシア君に人は殺せない。仇であっても。

いつか殺せる日が来るかもしれないけど、それは今ではなかった。

あなた達と私たちでどうしてこうも差ができてしまったのか

バラライカは、ホテルモスクワはアメリカの敵に回るかと思った。

でもロックの目論見も、バラライカの行動も違った。

正直…アメリカ軍がロアナプラから去ることで、どうしてチャンに有利に働くのかよくわからないんだけど…

とにかく「チャンの敵に回ること」についたんだな。

だからアメリカ軍を支援し、ロベルタを攻撃する。


バラライカが無線? でキャクストンに話していたことは、ホテルモスクワの一同が思っていることだったんだろうな。

ソ連という国はもう無いにしても、どうしてここまで差ができてしまったのか。

国の命令で動いている軍と、ロアナプラという街でギャングと鍔迫り合いを繰り広げているホテルモスクワ。

軍と呼ぶには少ない人数…。

バラライカが戦争中、難民の少年を助けたことにより軍籍はく奪となってしまったのはびっくりした。

難民のこと殺しそうだと思っててごめん…!

関係ない子供だからこそ守ろうとしたのか。しかしそのせいで軍を追われてしまった。

国際法にひっかかる作戦中? だったから余計にダメだったんだろうな。だから…ヘンゼルとグレーテルにも厳しかったのだろうか。

キャクストンと話している最中のバラライカは辛そうでもあり、悲しそうでもあった。

バラライカはアメリカ軍が羨ましくもあり、憎らしくもあったんだと思う。

羨ましいと感じてしまう自分にすら嫌悪感を持ってしまいそうなくらいだろうけど、でも羨ましいと思っちゃうよね…。

彼を眩しく感じなくなるのが怖いから

レヴィにとってロックは「日なたのベンチが似合う男」だけど、アメリカ軍を逃がす仕事を持ってきたりと…

色々と整い過ぎてそういう評価も違うような気がしてきた。

ロックがあの道で待っていた「ロアナプラを牛耳っている者」というのは、エダ…ということで良いんだろうか。

エダはアメリカの頭の一つでもある。

そのエダと交わしたあの会話は…これからのロックの思考に何か影響してくる…んだろうな。

エダが服も化粧もきれいにして、飛行機でロベルタの隣の席に座っているのはびっくりした。

ロベルタにキャクストン達の行先を教えるのは…何のためなんだろう。



エダとロックが会話したことで…手を組んだということになるんだろうか。

ファビオラがロックに対して「ヤバそう」と思ったことは合ってそうだけど、レヴィの言うように「日なたのベンチ」が似合うのもわかるんだよな。

レヴィはロックがロアナプラに染まりすぎて欲しくないと思っている?

ロックはこれからも「夕闇」の中にいられるんだろうか…。

しかしラスト辺りにロックがガルシア君に話しかけた感じのテンションは…なんかすごいことが起こりそうだった。

ロックは何を狙っているんだ?

レヴィはロックへ「正しい」評価をしているんだろうか。

 

実質無料でアニメと漫画どっちも楽しもう

アニメと原作どっちも楽しむならU-NEXTが便利で楽。

新規会員登録をした人は600ポイントもらえるからこの600ポイントを使って実質無料でドラマや映画やアニメや漫画を楽しむことができる!

そもそも、U-NEXTには31日間の無料期間がある。

辞めたくなったら30日目までに解約してしまえば、一切お金はかからない

解約してしまえば後から請求も来ないし迷惑メールがたくさん来たりすることも無い。

U-NEXTは同じスマホアプリから動画も漫画も観られるから色々入れなくていいから便利だし、何より無料期間がちゃんとあるのが嬉しい。

アニメも多めだと思う!

※でも時期によっては、もうそのアニメを配信してないかもしれないし、そもそもアニメ原作だったら漫画は無いかもしれない。記事を書いた時の情報なので、念のため確認してね!

→公式ページへ←

コメント

タイトルとURLをコピーしました