戦刻ナイトブラッド 2話「豊臣アタック」感想・ネタバレ

戦刻ナイトブラッド_R戦刻ナイトブラッド

鈴林です。戦刻ナイトブラッド…サブタイトルから笑わせてくれるぜ!w「なんだよ豊臣アタックってw」って思ったけど、豊臣軍の人たちのターンってことね。

1話目は結月ちゃんが異世界に来たって話と秀吉さんとの話。あと覚醒がどうたらこうたらの話。2話目は秀吉さんと利家さんと三成さんの話。豊臣勢とのイチャイチャだよ~~ってことね。

もっと付け方あるんじゃね…?いや、もちろん何か考えがあってのことだと思うが…。

そして一通りアニメが終わってからの、なんとかヴァンパイアの「お前が…欲しい!」というCMで笑うからやめて欲しいwすごい良いタイミングで「かっこいい!」とかより「急にどうした!w腹から声出せ!!w」とか様々な感情で笑えて来る。

このCMを観る面白さはリアルタイムか録画にしかわからないだろうけど…wあのCM面白いよなぁ…w

スポンサーリンク

戦刻ナイトブラッド 2話「豊臣アタック」

今更自己紹介~~!

結婚申し込むからって名前聞くとか順番おかしいだろ!!w1話目でみんなの名前を紹介したときに結月ちゃんの名前も聞いてあげてよ!もっと結月ちゃんに興味持って!?

2話 秀吉_R

戦刻ナイトブラッド公式ツイッターより

結月ちゃんの血を飲んで覚醒したから「こいつ使えるな」となって「一目惚れだよ☆」とか、こんな嘘くさい話があるかよ!確かに…戦国武将、それも殿に求婚されたって…戦国時代として考えても「油田持ってる王に求婚された」くらいの攻撃力はあるけどさ…。

いやしかしなぁ…。この世界来たばっかだしぃ…?名前はもっと早く聞いても良かったと思うんだよねぇ…。そして結婚を申し込んだにも関わらず別の部屋で寝てくれるという紳士ぶり。どうしたんだ秀吉。

史実だとお前はだいぶ女好きじゃないか。求婚しといて手出さないとか良い奴じゃん!!結月ちゃんもそこは評価すべきだよ!ちょっと間違ったらいつ肉便器になってもおかしくない状況だよ!!

信長さんは一瞬

1話 信長さま_R

http://anime.senbura.jp/story/01/

信長さんの出番一瞬やった~~~。完全に「顔見せに来たわ~」ってだけだった。織田軍めっちゃいたのに、三成さんや利家さん来たら「うわ~~~」ってなって「黒田と竹中半兵衛も来ました!」ってなったら「こいつはやべぇぜ!」ってなって退散…。

もっと考えてから来いよ…。想像つくだろ…?

信長さんの役目は「あの女、覚醒できるのか!」という広告塔かな。

チョロくてかわいい利家・三成

利家さんと三成さんのルートも楽しめる今回。「ゲームだともしかしてここはスチル?」というシーンになると「あれ…?なんか視界ぼやけてる?」とも一瞬思えるボヤボヤっとしたフィルターがかかる。

「今良いシーンだよぉおお!」というお知らせというか何というか…。

2話 本くださーい_R

http://anime.senbura.jp/story/02/

一緒に本探してたら「彼女ですか?」みたいに言われて照れる三成さん。秀吉が考えたという水攻め…。大河ドラマだと黒田官兵衛が考えてたけど…。細かいことは気にしない方がいいのかなw

そして盗賊に村の娘?街の娘だかがさらわれて、利家さんが単騎突撃して救出。利家さんがケガしたので手当する結月ちゃんに「こんなに優しくされたことない!」という感動…。どんだけみんな冷たいんだよ…!!もっと人に優しくしよう!!

2話 あんたから行きなさいよ_R戦刻ナイトブラッド公式ツイッターより

利家さんは詐欺に遭いそうで不安です!!しかし単純かわいいね!バカかわいい!!

三成さんは結月ちゃんにねだられて、深夜の作戦づくりを手伝ってもらう。

結月ちゃんもさ…w「集中できない」って言ってるのに「いえ!何かしたいんです!!」じゃないよwwwもっと「私にもできることを!邪魔はしませんので!」とか言おう?w

あのままだったら「ガンガン邪魔していくで~~!」という意志表示みたいだから!!w

三成さんも…本探して笑顔になったところを見て…照れちゃって!!チョロイ!!なんてちょろいんだよ!!かわいい!!んで結月ちゃんぐっすり寝ちゃうし!!お前は何しに来たんだ!w最後まで手伝うんじゃないんかい!!

朝起きたら「寝ているあなたに何もしないのが大変でした」とか正直に言う三成さん、クソかわいいね。石田三成は戦はあまり得意じゃなかったって大河ドラマで観ました!そう考えると…恋愛の駆引きも下手とみるとうまい!!(゚∀゚)

秀吉さんに真実話して、いい感じにキープもできたしね!!←

次回とかには…さらわれたり、結月ちゃんのために戦起きるんじゃないだろうか…?

 

↓良かったら押してくださいっ

にほんブログ村 アニメブログへ

コメント