現実主義勇者の王国再建記 10話「兵は楽しむ所に非ざるなり」感想・ネタバレ 割と律儀に待つ

Reconstruction of the Kingdom of Realist Heroes Main Visual Autumn現実主義勇者の王国再建記

鈴林です。

今更気づいたんだけど、EDを歌っている愛美って人はカルラ役でもあるんだ。

カルラが「ちちうえ!」って言う時、最初の「ち」が無声音になってないのがすっごい気になる。

芝居はそんなにやったことないのかな…?

スポンサーリンク

現実主義勇者の王国再建記 10話「兵は楽しむ所に非ざるなり」

割と律儀に待つ

Episode 10: Surprisingly waits

アドミニア軍の将軍? というか王? が意外と領主の言うことを聞いて律儀に待っているのが素直だなと思ってしまったw

それほどに城を攻めるのは兵を失ってしまうものなのかな。

確かにアルトムラの城壁は高いし、城までも遠そうだしあそこを攻めるのはできなくは無いけど物凄く疲れそう。

何もせずに手に入るんだったらその方が良いもんね。それが利口って感じがする。

Episode 10: Request of the lord

ソーマなら襲われそうな位置にある街や村のことはわかっていただろうから、ウォルター公を行かせたのかな。

時間をもたせるために砂金をあんなに使うなんて気前がいい。

何にお金を使えばいいか、がはっきりとわかっている感じがする。

突然のイチャイチャ

カエデとハルバートの突然のイチャイチャで何故か冷めてしまったんだがあれは…必要…だったのかなw

カエデはこれからどうなるのか予想がついている、かソーマから聞かされて知っているような気がする。

というかカエデたちがいるのってどの辺なのかもよくわかってないんだけど…どこなの?

エルフが来てくれたのはとても心強かった。

助けてもらったお礼に助けてくれるって良いループ。

船は地面を行く

Episode 10 Castor

カストールの方を先に狙う、というのはソーマとカストールの意見は合致したみたいだけどその方法はソーマが勝った…のかな。

どの物語にも言えることかもしれないけど、現代の知識があるって強いよね。

「必ずその通りになる」とは言わないけれども、知っているかどうかで道は大きく変わってしまうもの。

Episode 10 Carla

ソーマのリビングポルターガイストはあの船を動かせるほどにまで上達していたのか。

もう何でもできるな!!w

あの船の足や兵器が狙われるのはわかっていただろうし、ソーマ達はカストールを討ちに城に入った…のかな?

画像引用元:https://genkoku-anime.com/story/10.html

このアニメを見逃したらコレで観よう!

コレを見るんだったら、FOD(フジテレビオンデマンド)がオススメです!

Amazonアカウントかクレジットカード決済で支払いすれば2週間無料になります。

録画できてるかなー、とか録画できたかどうか、とかに悩まされなくなるの想像以上に楽だよ!w

ドラマ以外にもアニメだったらワンピースやドラゴンボールも観られるし、フジテレビのドラマも観られるので色々観たい人にはオススメ。

入ってみて、何か違ったな…って思ったなら登録してから2週間以内なら解約しても料金はかからない!13日目までにはどうするか決定するのがオススメです。

仮に過ぎてしまっても、1日辺り30円くらいの金額なのでレンタルショップ行くより断然お得です!気になる他のドラマやアニメを観てから解約しただけでも充分元が取れます!

まずは2週間の無料お試しから!

FOD(フジテレビオンデマンド)申し込みはここから

コメント

タイトルとURLをコピーしました